次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

寒い時期に食べたいおすすめ和スイーツの雑学

ニュース

寒い時期に食べたいおすすめ和スイーツの雑学

このスイーツ何と呼びますか?

小麦粉や玉子を溶いた生地を鉄板の焼き型に流し込み、中にあんをはさんで焼き上げた円筒形の和菓子を食べたことがないという方はまずいないでしょう。しかしながら、そのお菓子の名前を尋ねたとき、帰ってくる答えは千差万別となります。まず、東京では「今川焼き」と呼ばれています。これは神田の今川橋で最初に売り出されたのでこのように名づけられたと言われています。全国に幅広く使われる名前では、形を大判小判に見立てた「大判焼き」が知られていますが、他にも「太鼓焼き」という呼び名もあります。広島では製法から「二重焼き」と呼ばれ、北海道では「おやき」という極めてシンプルな名前で呼ばれます。過去に用いられていた製法に由来する「回転焼き」という呼び名が関西では使われます。台湾では「車輪餅」という名前で呼ばれています。地方によっては商標名が一般名詞になっていることもあり、兵庫県の「御座候」等が知られています。いずれにせよ、このお菓子が日本中で人気の定番商品であることは疑う余地はないでしょう。明治時代、森永製菓の創業者は「焼芋屋と今川焼がある限り銀座での西洋菓子の進出は困難」と語ったと伝えられています。

世界でも有名なたい焼き

このタイプのお菓子からさらに派生したのがたい焼きです。両者の違いは鋳型が丸か魚かの違いしかありません。子門真人の大ヒット曲「およげ!たいやきくん」は今でも有名な曲で、日本一売れたシングル曲としてギネスブックにも記載されています。近年ではあん以外にもクリームや惣菜が詰められた商品もあります。さらに、海外でもアニメのヒロインの好物として有名になったことから、たい焼きが食べられる機会が増えています。ただし具材は惣菜タイプが主流のようです。

どら焼きとドラえもん

これらの和菓子と見た目は似ていますが、実態が大きく異なる和菓子がどら焼きです。どら焼きの起源ははっきりしていませんが、楽器の銅鑼に由来するのは間違いないようです。大正時代にカステラ風の生地で挟み込む現在のスタイルになり、いわば収斂進化によって似た形になったと言えるでしょう。ただし現代でも餃子のような外見のどら焼きもあります。どら焼きを語る上で欠かせない存在がドラえもんです。ドラえもんの好物がどら焼きであることは広く知られた基礎設定です。一方、どら焼きは日本国外では知名度の低い菓子であるため、海外でドラえもんが放映される際には別のものに置き換えられることが多いようです。

tomomi☆さん(@tomo3caoru)がシェアした投稿 -

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!