次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

デリケートゾーンにできた黒ずみのケア方法

ニュース

デリケートゾーンにできた黒ずみのケア方法

黒ずみができる原因

デリケートゾーンは普段は見えませんが、女性なら自己処理の後にその周辺が気になることがあります。また、それが気になってしまう男性も少なくありません。なぜなら、様々な原因で最も薄い肌であるデリケートゾーンにダメージが与えられて黒ずみができてしまうからです。また、毛穴が汚れていることも考えられます。その原因として、肌への摩擦や乾燥、ターンオーバーの乱れやホルモンバランスの乱れ、食生活やストレス、加齢や間違った洗い方などが挙げられます。肌が黒くなるメラニン色素は紫外線だけでなく、肌との摩擦が起こっても発生してしまいます。したがってケアには、メラニン色素を作らせないことと排出させること、及び、肌のターンオーバーを正常にすることが求められます。そのため、黒ずみケアと同時に紫外線対策も始めましょう。

ケアの方法

デリケートゾーンに黒ずみができてしまう原因は様々です。これから、その対処法を紹介します。下着で肌に摩擦が起こっている場合は、下着を見直しましょう。シルク性かコットン性で程よい大きさのものにしましょう。食事内容も関係しています。ビタミンCや鉄分、タンパク質で美肌を促しましょう。ホルモンバランスが乱れているなら、タバコとお酒は控えましょう。女性ホルモンも関係しているので、冷えは厳禁です。体を温めましょう。ターンオーバーが乱れているなら、次の方法も試してみましょう。睡眠の質を良くしたり、有酸素運動を始めたり、ストレスを解消したりするのが有効です。もちろん、黒ずみの悪化を防ぐことも重要です。ペンタイプのシェーバーやT字カミソリを使用して、あらかじめ保湿をしてからムダ毛を切り、ジェルを塗ってから毛の流れに沿って処理しましょう。デリケートゾーンに保湿剤を塗るときは、粘膜部分に塗らないようにしましょう。なお、費用が高くなりますが、急いで治したいときは美容皮膚科に行きましょう。しかし、肌の弱い方は処方された医薬品を使うのをやめましょう。副作用のリスクがあるだけでなく、痛みが悪化してしまうからです。

デリケートゾーンのお悩み💭 ムダ毛の処理方法と同じくらい多いのが黒ずみ⚫️⚫️⚫️ ・ 元々デリケートゾーンは身体のパーツの中でも皮膚が薄く、化学繊維の下着を着用しているだけで擦れてしまって色素沈着しやすい箇所なのですが、カミソリなどの自己処理によって更に黒ずんでしまったなどのお悩みをお持ちの方が多いです✔️✔️ ・ 黒ずみがコンプレックスだけどケア方法もわからない😩という方の為に当サロンでは気になる黒ずみを定期的なケアで改善していく美白ジェルパック付きのVIOコースをオススメしております♥️ ・ 美白有効成分のプラセンタをたっぷり配合したホワイトニングパックで黒ずみ改善だけでなく脱毛後のお肌をしっかり保湿して赤ちゃんみたいなお肌に💓💓💓 ・ 是非お試しください❄️❄️ ご予約はお電話またはプロフィールのURLよりホットペッパービューティーでweb予約でお願い致します❣️ その他ご質問等はお気軽にお問い合わせください💫💫

ブラジリアンワックスサロン&スクール Platinumさん(@waxingsalon_platinum)がシェアした投稿 -

クリームと石けん

自宅で黒ずみを治すにはどうすればいいでしょうか。まず、専用のクリームを使った方法が考えられます。クリームの成分は肌に残りやすいからです。クリームを選ぶときは、次の成分が入っているものを選びましょう。無添加物が多めなのが前提で、肌荒れを整える成分や保湿成分、厚生労働省認可の美白成分が入っているものがいいです。専用のクリームはメラニンの生成を抑えてくれます。クリームはムダ毛処理の前後や入浴後、外出前に塗るのがベストです。1円玉ほどの大きさのクリームを手のひらに乗せて、指の腹を使いデリケートゾーンに優しく馴染ませて、最後にティッシュで押さえておきましょう。なお、効果が表れなかった場合は、1回の使用量を増やしたり、使用回数を2回に増やしたりしてください。石けんでのケアも考えられます。石けんはクリームより美白成分が浸透しにくいですが、肌のターンオーバーを整えてくれます。石けんはニオイの対策としては有効ですが、洗いすぎは厳禁です。なぜなら、常在菌まで洗い落とすので、自浄作用まで弱まってしまうからです。デリケートゾーンの肌は薄くて敏感です。そのため、肌と同じ成分である弱酸性の専用石けんを選ぶようにしましょう。専用石けんなら常在菌などを残すことができます。弱酸性の石けんを充分に泡立てたらデリケートゾーンに優しめに2分くらい乗せて、ぬるま湯で優しく洗い流しましょう。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!